通水管|PKO日報、特別監察結果を28日公表

南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報を陸上自衛隊が廃棄したと通水管説明しながら保管していた問題で、防衛省は特別防衛監察の結果を28日に公表す通水管方向で調整に入った。 政府関係者が26日、明らかにした。結果公表と通水管同時に関係者の処分も発表。陸自トップの岡部俊哉陸上幕僚長は引責辞任する見通通水管だ。 日報が保管されていた事実を公表しなかったことについて、稲田朋通水管美防衛相が関与したかが焦点だ。稲田氏は国会答弁などで「日報を非公表にすると通水管承したことはない」と自らの関与を否定。一方、陸自側は防衛監察本部に対し、稲通水管田氏に日報のデータが保管されていたことを報告したと説明している。 通水管田氏は3月16日、防衛監察本部に特別防衛監察を実施するよう指示。稲田氏は制通水管度上、監察の対象ではないが、関与の疑いが浮上したことから聴取に応じた。