通水管|<高速船>神戸空港の誘導灯衝突

26日午後9時半ごろ、神戸空港と関西国際空港を結ぶ高速船「ベイ・シャトル」(定員110通水管人)の乗客から「事故が起きて負傷者が数名いる」と119番があった。神戸市消防局によると通水管、乗員乗客31人のうち14人が負傷し、うち女性(80)が意識不明の重体、別の女性(55通水管)が重傷。神戸海上保安部は業務上過失致傷容疑で詳しい状況を調べている。 神戸海通水管保によると、船は関西空港を午後9時に出発して神戸空港に向かう途中、神戸空港の東約600通水管メートルの沖合で空港の誘導灯に衝突したとみられる。高速船は左舷前部が破損し、船内に海水通水管が流れ込んだという。男性船長は運航会社「OMこうべ」(神戸市)の担当者に、「自分の船の通水管位置を見失ってぶつかった」と話しているという。 同社のホームページなどによると通水管、ベイ・シャトルは神戸空港と関西空港を約30分で結ぶ高速船で、1日32便が発着している通水管。高速船は予備の船舶を使い、27日始発から通常通り運航する。【黒川優、待鳥航志】