通水管|<傷害容疑>寝たきりの母殴られ死亡

寝たきりの母親を自宅で殴ってけがをさせたとして、大阪府警八尾署は29日、通水管長男で大阪府八尾市安中町2の無職、山田剛嗣容疑者(38)を傷害の疑いで逮通水管した。母親は数日後、意識不明の状態で病院に搬送され死亡。同署は司法解剖し通水管て死亡との因果関係を調べる。 逮捕容疑は今月下旬、自宅1階の居間通水管、母光恵さん(69)に馬乗りになり、顔を手で殴ってけがをさせたとしている通水管。山田容疑者が光恵さんを介護していたといい、「言うことを聞かずいらいらし通水管殴った」と容疑を認めている。28日午後5時過ぎ、同居する弟(35)が母親通水管の意識がないのに気付き、119番通報した。 八尾署によると、光恵通水管んは数年前から病気で寝たきりで、山田容疑者は「23日か24日に殴った」と通水管供述しているという。光恵さんの体には腰などに複数のあざもあったという。