通水管|稲田氏関与、残る疑念=

防衛省は28日、南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報を陸上自衛隊が廃棄したと説明しながら保管していた問題で、防衛監察通水管本部による特別防衛監察の報告書を公表した。 保管されていた日報が非公表となった経緯に関し、稲田朋美防衛相が了承した事実はな通水管と結論付けたが、稲田氏が報告を受けた可能性は認め、疑念を残す結果となった。また、陸自の主張に沿うような情報が公表前に漏れ、シビリア通水管コントロール(文民統制)の面で課題を露呈した。 稲田氏は28日、観察結果を公表した記者会見で「大変厳しい、反省すべき結果が通水管示された。極めて遺憾だ」と述べた。ただ、陸自からの報告に関しては「受けたという認識は今でもない。あれば必ず公表するよう指導したはず通水管」と強調した。 監察結果を受け、防衛省は黒江哲郎事務次官や岡部俊哉陸上幕僚長ら5人を懲戒処分にした。黒江氏は28日付、岡部通水管は来月8日付で退任。稲田氏も監督責任を取るとして辞任した。 報告書によると、2月13日と15日に、陸自幹部が稲田氏に日報に通水管ついて説明。だが、陸自に日報データが保管されていた事実に関しては「何らかの発言があった可能性は否定できない」とあいまいな表現にとど通水管た。これについて監察本部は、陸自側と稲田氏の主張が一致しなかったためと説明した。 報告書では、日報の非公表は黒江氏の判断と通水管定。陸自内にあった日報データの取り扱いについて、黒江氏が岡部氏に「個人データであり、対外説明する必要はない」との方針を示した。