通水管|迷走する連合=執行部の求心力低下

 労働組合の総本山、連合が迷走している。高収入の専門職を労働時間規制の対象から外す高度プロフェッショナル制度(高プロ)を盛り込んだ労働基準法通水管改正案を容認する唐突な方針転換に傘下の労働組合が反発、撤回に追い込まれた。連合執行部の求心力低下は避けられない。午後8時に一斉消灯=通水管働き方改革で-厚労省 ◇幻の政労使合意 札幌市のホテルで27日まで2日間開かれた連合の会合。幹部らの表情は一様に硬かった。ポピュ通水管リズム台頭や人工知能(AI)といったテーマの夏季セミナーの裏で、労基法改正案への対応をめぐって三役会と中央執行委員会が臨時開催されていたから通水管だ。 連合は、2015年4月の国会提出以来、反対の立場だった。連合が支援する民進党など野党も「残業代ゼロ」法案と批判している。ところ通水管今月に入り、連合は執行部主導で条件付き容認に転換し、傘下労組は意見の積み上げによる合意形成がないとして反発した。21日に行われた前回の中執委通水管では「傘下の組合に説明がつかない」(連合の地方組織幹部)との異論が相次ぎ、政労使合意への了承取り付けを見送る異例の事態に発展。事態収拾には容通水管認撤回しかなかった。 「コミュニケーション不足だったことは反省をし、率直におわびをしたい」。神津里季生会長は中執委の冒頭で陳謝し、日通水管の目を見るはずだった政労使合意は幻となった。 ◇遠因は法案一本化 連合迷走の遠因は、今年3月に政府がまとめた「働き方改革実行計画通水管」にある。同計画には働き方改革の柱である残業上限規制が盛り込まれており、高プロ導入を盛り込んだ労基法改正案との一本化が当然予想された。