通水管|老老介護「75歳以上同士」3割超える…

高齢者が高齢者を介護する「老老介護」が増えている。厚生労働省が6月に公表した国民生活基礎調査では、介護が必要な人と、主に介護する人が同居する世帯のうち通水管、どちらも75歳以上の世帯は3割に達していた。こうした世帯は今後、増えることが確実で、孤立や共倒れを防ぐ支援の強化が必要との指摘もある。老老介護「通水管75歳以上同士」3割超える…夫婦ともに認知症の世帯も夫と一緒に童謡を歌う女性(左)。会話ができなくなってからは、音楽がコミュニケーションの手段通水管という(川崎市のデイサービスで、7月11日)「ひとときも気が休まらない」「自分が倒れたらどうなるのか」 川崎市に住む女性(82)の一日は、通水管認知症の夫(90)を起こしておむつを替え、汚れたシーツを洗濯することから始まる。 夫が認知症と診断されたのは5年前。最初は物忘れが目立つ程度だ通水管たが、今では食事をしたこともすぐに忘れ、歯磨きや着替えもできなくなった。現在の要介護認定は、手厚い介護が必要な「要介護3」だ。 週4日のデイサ通水管ービスと週1日のリハビリを利用するが、家にいる間はつきっきりで過ごす。目を離すと携帯電話やリモコンをどこかにしまい込んでしまい、女性の姿が見えないと家通水管中を探し回る。女性は「ひとときも気が休まらない」と、ため息をつく。 2世帯住宅で、40歳代の娘の家族と同居するが、娘は共働きで小学生の子どもも通水管いるため、介護は女性がほぼ一人で担う。昨年暮れ、夫の入浴介助中に腰を痛めて寝込んだ時は、ショートステイを利用してしのいだ。 女性も持病の不整脈通水管に加え、緑内障を患い、通院が欠かせない。施設への入所も考えるが、比較的安い特別養護老人ホームは順番待ちで、有料老人ホームは年金ではまかないきれない。