通水管|<妊娠>学業継続を 高校自主退学で生活困難

日本では、妊娠した高校生の大半が中退する。だが、退学しなければならない国や自治体の規則はない。学校を続けられるかどうかは、周囲の教員の理解と協力にかかっている。妊通水管娠相談を受ける民間団体のほか、一部の教員からも「若年妊娠を問題行動と切り捨てるのではなく、貧困の連鎖に陥らせないため支援する対象と認識すべきだ」との声が上がる。【通水管田阿紗子】【図解】「学歴社会」韓国では妊娠した生徒、どうサポート? ◇「助言欲しかった」 埼玉県内に住む女性(31)は16年前、進学校で知通水管れる私立高に入学した直後、交際する同級生との間で妊娠していたことが分かった。既に6カ月で、中絶はしたくなかった。「1年休学した後、復学したい」。校長と担任教諭に何通水管も頭を下げたが「悪い前例になってしまうので自主退学して」の一点張り。最後は、妊娠には触れずに「退学したい」と直筆で書かされた。 小学6年の時に両親が離婚。通水管活保護を受けながら一緒に暮らす母親は精神的に不安定で食事も作ってくれず、後に統合失調症と診断された。「今思うと甘いけれど、早く家を出たくて、妊娠してもいいと考えて通水管た」という。 だが母親は、同級生との結婚を許さなかった。実家で子育てをしたが、母親の暴言と摂食障害になった妹の暴力に苦しめられた。 自力で定時制に通水管入学し、21歳で卒業。2年前に長男を連れ実家を出て、派遣社員として働きながら正社員を目指している。「高卒でなければ求人もない。せめて退学の時、通信制や定時制への転通水管など、学び続けるための選択肢について助言が欲しかった」と振り返る。 助産師らが妊娠相談に応じる一般社団法人「にんしんSOS東京」の中島かおり代表理事による通水管、若年妊娠する子は、虐待など家庭内の問題を抱えていることが少なくないという。「妊娠は学校側がその問題に気付き、必要な支援につなぐきっかけになり得る」と指摘する。