通水管|北朝鮮が「ICBM奇襲発射」

7月28日深夜、北朝鮮は慈江道(チャガンド)の舞坪里(ムピョンリ)から弾道ミサイル1発を発射。北海道・奥尻島付近通水管の日本の排他的経済水域(EEZ)に落下しました。これに関して、北朝鮮政府は大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星1通水管4」の2回目の発射に成功したと発表しており、米国防総省も同様の認識を示しています。 北朝鮮による弾道ミサ通水管イルの発射は今年に入って11回目。直近では米国の建国記念日の前日にあたる7月3日、アラスカやハワイを射程に収める通水管ICBMの発射実験に成功しています。しかし、今回発射されたミサイルは、米西海岸に到達する能力があったとみられるう通水管、その発射そのものがこれまでのものとやや様相が異なります。 内陸部の舞坪里から、しかも深夜にミサイルを発通水管射することは、これまでほとんどありませんでした。これを敢えて行ったことから、今回の発射は北朝鮮がICBMによる「通水管奇襲能力」を誇示したものとみられます。 ただし、それによって北朝鮮は、単にICBMという「ホコ」の攻撃能通水管力を見せびらかせただけではありません。異例ずくめの発射により、北朝鮮は米国および日本を含むその同盟国に対して、「通水管タテ」としての防衛能力があることを意識させたといえます。これに関して、冷戦期のソ連との対比からみていきます。