通水管|「目が細くなるぞ!!」発言に激怒

韓国とブラジルのネットユーザーが激しく対立しているらしい。なんでもブラジルで韓国人が人種差別を受けたというのだ。事の発端は、韓国アイドルグループ「KARD」がブラジルのテレビ番組に出演通水管したときに起きた。KARDは男性2人、女性2人の混成グループなのだが、番組内でブラジル人司会者がメンバーたちに、「このなかにメンバー同士で交際している人はいるか」と質問した。同通水管メンバーたちは「いない」と否定。すると司会者は「恋人のいるメンバーはいるのか」と続けた。その質問にも彼らが「いない」と答えると、観客席から歓声が上がるのだが、その歓声を聞いた司会者が観客に向け通水管てこう投げかけたのだ。「目が細くなってしまうぞ」「あなたたちはKARDのメンバーと結婚する気か? 君たちも目が細くなってしまうぞ」そのとき司会者は、両手で目尻を引っ張る仕草通水管も見せたという。「目が細い」という表現は、一般的に東洋人を蔑視するニュアンスがあるとされているが、このブラジル人司会者に対して韓国ネット民たちは、「明らかな人種差別だ!!」と憤っている通水管わけだ。ドイツやアメリカでも起こった事件振り返れば、同じよな意味合いの事件はドイツで何度か起こっている。昨年1月、ドイツのスターバックスで韓国人女性が注文したドリンクのプラ通水管スチック製カップに、目の細い人を描いて提供したという話が話題になったことがあった。ドイツでは以前にも、韓国人女性がドイツ人に「目が細い」などと言われて暴行される事件も起こっている。通水管(参考記事:韓国否定派が65%!! なぜドイツは世界一の“嫌韓国家”なのか)また、アメリカでは今年2月、“ホワイト・パワー暴行事件”なるものが起きて、韓国のネット上で話題になった。通水管米ロサンゼルスで暮らす韓国系アメリカ人の老婦人が突然、白人の女に襲われたという事件で、事件を写真付きでフェイスブックに上げた女性によれば、暴行した女は「ホワイト・パワー!!」(白人の力通水管を思い知れ)などと叫んで、韓国系老婦人を衝撃したらしい。アメリカで嫌韓感情が高まっているという分析もあったが、この事件も韓国では「人種差別が生んだ事件だ!!」との声が多かった。