通水管|「北朝鮮産の石炭など完全禁輸」

大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した北朝鮮について、国連安全保障理事会は近通水管く、北朝鮮産の石炭や海産物などを完全禁輸とする制裁強化決議案を採決する。完全に通水管履行されれば、北朝鮮の輸出による年間収入30億ドル(約3300億円)のうち、3通水管分の1の削減につながるという。安保理外交筋が4日、明らかにした。 制裁通水管の強化に慎重だった中国とロシアが決議案に賛成する見通しについて、安保理外交筋は通水管相当な自信がある」と述べた。決議案は安保理の全15理事国に配布されており、早け通水管れば一両日中にも採択される可能性がある。 禁輸対象は、(1)石炭(2)通水管鉄と鉄鉱石(3)鉛(4)海産物の4分野。このほか北朝鮮からの労働者の新規の受け通水管入れも禁じられる見通し。国外で働く労働者は北朝鮮の外貨収入源の一つで、「強制労通水管働」と指摘されるなど人権侵害の懸念も高まっていた。(ニューヨーク=金成隆一)