通水管|<交通事故>「居眠り運転した」

6日午後2時15分ごろ、福島県白河市二番町の国道294号で、路側帯通水管を歩いていた同市新白河3の小学6年、下重佑太さん(12)と同級生の通水管女児(12)が乗用車に背後からはねられた。下重さんは全身を強く打っ通水管て死亡、女児は足を骨折するなどの重傷。 県警白河署は、車を通水管運転していた同市南登り町の会社役員、諏江俊一容疑者(62)を自動車通水管転処罰法違反(過失傷害)容疑で現行犯逮捕。容疑を過失致死傷に切り替通水管えて調べる。諏江容疑者は孫ら3人を乗せて帰宅途中だった。「居眠り運通水管転をした。事故が起きて初めて気付いた」と供述しているという。通水管 同署によると、現場は片側1車線の直線道路。車は中央線を越えて対通水管向車線側の路側帯にいた2人をはねた後、立ち木にぶつかって停止した