通水管|半島の危機、臨界点…

【マニラ=中川孝之、井上宗典】中国の王毅(ワンイー)外相通水管は6日、北朝鮮の李容浩(リヨンホ)外相とマニラで会談した通水管。 会談は国連安全保障理事会が新たな北朝鮮制裁決通水管議を採択した後に行われ、王氏は朝鮮半島情勢が「危機に限り通水管なく近い臨界点に達している」と警告。北朝鮮側に新たな核・通水管ミサイル実験の自制を促した。 中国外務省の発表な通水管どによると、王氏は「北朝鮮は新たな国連制裁決議を冷静に受通水管け止めるべきだ」と要求。ティラーソン米国務長官が今月、北通水管朝鮮の非核化を前提としつつ対話に言及したことなどを念頭に通水管「交渉に立ち戻る決断を下す転換点でもある」とも述べた。