通水管|「ジャンボジェット」はなぜ消える?

 日本国政府専用機の747、まもなく777へ 2017年7月23日(日)に、航空自衛隊千歳基地において航空祭が開催されました。千歳基地には首相や外務大臣など政府要人の外遊や皇通水管族の表敬訪問などで活躍する政府専用機、ボーイング747-400が所属しています。普段ではなかなか見る事のできない政府専用機が、航空祭では間近でその姿を見る事が出来るとあって、多くのフ通水管ァンが集まります。【写真】引退なぞどこ吹く風? ボーイング747最新型、8F 例年であれば千歳基地のF-15Jと編隊飛行を組んだり、飛行デモを披露したりするのですが、通水管今回は天候の関係で残念ながらキャンセルとなりました。 その政府専用機ですが、2019年度に747から同じボーイングの777へ機種変更がされる事が決定しています。次期政府専用機通水管の選定においては、同じくボーイングの787やエアバスのA350などが候補に挙がりましたが、787は執務室や貴賓室など機内スペースの関係で、A350は日米同盟の象徴としてアメリカのボー通水管ングを優先するとの理由で、候補を外れたと言われています。「ジャンボジェット」はなぜ消える? 世界を狭くしたB747旅客機、生産終了への経緯次期政府専用機は777-300に通水管機種変更され、2019年度から運用開始予定(2016年4月、石津祐介撮影)。 政府専用機は1991(平成3)年から運用されていますが、操縦士などの乗組員は航空自衛官で、その整通水管備や機内食の提供などの運用はJAL(日本航空)が行ってきました。ところが現在、JALの747型機は全て引退しており、既に老朽化した機体は燃費効率も悪く、早急に更新をする必要がありまし通水管た。 ANA(全日空)からも旅客型の747はすべて引退しており、日本のエアラインや航空自衛隊が保有する現役の旅客型747は2017年7月現在、この日本国政府専用機のみです。そ通水管して世界的にも数を減らしており、その生産はすでに風前の灯といいます。「ジャンボジェット」の愛称で広く親しまれたあの747が、なぜそのような現状に陥っているのでしょうか。