通水管|食品ロスを生み出す「欠品ペナルティ」

 8月6日は土用の丑の日。全国のスーパーで、うな重のパックが棚にたくさん積まれる。売り切れてしまわないよう、小売(スーパーなど)は多く仕入れるが、その際、メーカーが納品できないとどうなるか。「欠品ペ通水管ナルティ(欠品粗利補償金)」として罰金を支払わなければならない。このため、多くのメーカーが商品を必要以上に多めに作らざるを得ず、食品ロスの一因となっている。欠品ペナルティの仕組み欠品ペナ通水管ルティとは、食品メーカーが、小売店から発注を受けた数量分、納品できなくなったりした場合、小売店に対して支払う補償金のことだ。何らかの理由で製造が間に合わない、売れ行きが予想以上で在庫がなくなった場合通水管などに適用される。本来、売上を上げられるはずだったのに失わせたことに対する「罰金」である。小売店側は「棚が欠品だらけで、空いていると、見た目がよくないし、お客様は不便を感じてしまう」「買おう通水管と思った商品がなければ、他の店に行ってしまう」と主張する。欠品して商品棚を空けてしまうと、メーカーは、そのスペースを競合メーカーにとられる恐れもある。そこで、メーカーは、欠品を起こすリスクを通水管考慮し、実際に必要な数より多めに製造することになる。これを、日本中の食品製造業が行うとどうなるか。商品は余るのが必至だ。過剰在庫を持つことになり、商品の回転が遅くなる。賞味期限がどんどん近づいてきて通水管、最後には廃棄することになる。つまり「食品ロス」が発生する。そんな中、欠品ペナルティをメーカーに科していないというスーパーを取材した。創業当初から欠品ペナルティとは無縁の、地域シェアNo通水管.1スーパー福岡県柳川市にある株式会社スーパーまるまつ。1967年、駄菓子屋として創業し、しばらくしてスーパーに転換した。チェーン店はない。柳川地区には大きなショッピングモールもオープンし、通水管同業他社が8社以上ひしめくが、地域シェア20%を誇り、ナンバーワンだ。社長の松岡尚志さんにお話をうかがった。まるまつは、創業当初から欠品ペナルティを取り入れていないという。スーパーと卸売業者通水管が密にコミュニケーションをとることで欠品を減らし、それでも欠品が出てしまったら「致し方ない」と考えている。無理に欠品を防ごうとすると、過剰在庫を抱えてしまい、どんどん古くなってしまうからだ。