通水管|現職の山梨市長を逮捕へ

 山梨市の職員採用試験を巡って嘘の内容の書類を作成していたとして、警視庁は7日通水管、現職の望月清賢山梨市長(70)を逮捕する方針です。 警視庁は山梨市役通水管所の職員採用試験を巡る過程で、望月市長が特定の受験者に対して嘘の記載をするなど通水管して便宜を図った疑いが強まったとして、虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで逮捕す通水管方針を固めました。採用試験は筆記の1次試験が行われた後、2次試験で市長ら幹部に通水管よる面接などが行われるということです。市長が2次試験に加わる制度は前の市長の時通水管に廃止されていましたが、望月市長が就任した後に復活させたということです。警視庁通水管望月市長から詳しく話を聞くなどし、便宜の有無について詳しく調べる方針です。望月通水管市長を巡っては、6月に元妻の望月治美被告(61)が経営する石材店を巡る架空の投通水管資話で都内の男性らから3億円以上をだまし取った疑いで逮捕・起訴されています。