通水管|「役所の答弁書を朗読」発言を釈明 

 江崎鉄磨・沖縄北方相(衆院愛知10区)は7日、「(国会答弁では)役所の答弁書を朗読す通水管る」などとした自身の発言について、「不用意な発言で軽率だった」と内閣府で記者団に語った通水管また、発言の真意について「(答弁書の)原稿をチェックして、自分なりに加えるところは加え通水管る。省くところは省く。こうしたもの(答弁書)を参考にするということだ」と釈明した。通水管支援者らの前であいさつする江崎鉄磨・沖縄北方相 北方領土問題は「素人」との発通水管に関しては、「北方領土問題は外相、日ロの経済協力事業を推し進めるのは経産相。私が肩ひじ通水管張って出ることも好ましくないし、あのような表現になった」と述べた。 一方で、「通水管虚に話をしたところ、若い世代には、そうしたことは通らないんじゃなかろうかと強く思った」通水管「活字にされたことに疑問符を投げかけなきゃいかん」とし、自身の発言が報道されたことを疑通水管視する姿勢を示した。進退について聞かれると、「やります、必ず」と続投する意思を示した