通水管|〔マーケット最前線〕「格安スマホ」

端末とSIMカードを別々に購入して安い利用料金を選ぶ「格安スマホ」で、高機能な端末に人気が通水管広がっている。当初は通信大手より格段に安い端末が好まれたが、最近は店頭販売価格3万円前後が通水管主流。8万円台の高価な端末も売れ行きが好調だ。 台湾のASUS(エイスース)が発売した通水管「ZenFone AR(ZS571KL)」は格安スマホとして破格の8万円台。被写体を立体的通水管に捉える高機能カメラが関心を集め、ビックカメラの一部店舗は発売当日で完売になった。中国の華通水管技術(ファーウェイ)が発売した6万円前後の端末も人気を集める。 ビックカメラによると、通水管格安スマホの認知度が高まった2014年ごろは2万円台が主流だったが、「(最近の)顧客は安心通水管して長く使え、高機能なものを求めている」(新宿西口店)という。 店頭の人気トップ3は海通水管外勢が独占する。通信大手向けを主軸とする日本勢は格安スマホ向けが少ないが、富士通の「arr通水管ows M03」は健闘。日本独自の「おサイフケータイ」や防水などの機能が評価されている。