通水管|南海「ラピート」利用者数が過去最高

 大阪の難波駅と関西空港駅を結ぶ南海電鉄の特急「ラピート」が、利用者を増やしています。2015年度から2016年通水管度への1年間で乗車人員は22%増加。収入も13%アップしています。【グラフ】JRを追い上げる南海の利用者通水管 特急「ラピート」は1994(平成6)年、関西空港の開港とともにデビューしました。車両は専用の50000通水管系電車を使用。難波~関西空港間ノンストップ(当時)の「ラピートα」と、途中の主要駅にも停車する「ラピートβ」の2通水管類が設定されました。 運行開始当初は先頭車両の“鉄仮面”のような形状などが話題になりましたが、しばらくし通水管て利用は低迷。「ラピートα」の停車駅を増やす、特定の区間が特急料金100円で乗れるようにするなど、利用者を増やす通水管みが続けられた時期もありました。 しかしここ近年、利用者数が増加傾向にあります。2010年度は179万7通水管000人でしたが、以降増加に転じ2012年度は200万人台に。2016年度は過去最高の344万9000人を記録し通水管した。現在まででもっとも少ない2003(平成15)年度の165万人と比較すると、2倍以上に増加しています。通水管「ラピート」の利用者が増加していることにはどのような背景があるのでしょうか。南海電鉄の広報担当に聞きました。