通水管|<民進党代表選>党内融和を優先

民進党の枝野幸男前幹事長(53)は8日、党代表選(21日告示、9月1日投開票)への立候補を正式表明した。枝野氏は、代表選のポイントとみられた憲法改正について、優先順位は高くないと強調。通水管改憲論議に前向きだった前原誠司元外相(55)も7日、同様の見解を示した。安倍晋三首相が改憲日程を再考し始めたことを踏まえ、両氏とも代表選後の党内融和を優先し、争点化回避にかじを切りつつ通水管ある。【笈田直樹、樋口淳也】 ◇改憲で対立を回避 枝野氏は記者会見の冒頭発言を「代表選の相手は、安倍晋三首相であり、自民党だ。同志である前原さんと競うのではない。前原さ通水管んと力を合わせ、遠からず政権を奪い返す」と結んだ。質疑でも「対安倍政権」「対自民党」を繰り返したのは、民進党内の路線対立が注目されることに敏感になっているためだ。 枝野氏は憲法通水管9条改正についてこれまで、安全保障法制を整備する前に戻り、従来の憲法解釈を条文に書き込むことを主張してきた。しかし、代表選で支援を受ける党内のリベラル系議員に配慮し、会見では安倍政権下通水管での改憲に反対する考えを強調した。 一方、自衛隊の存在を明記する「加憲」の立場だった前原氏は、代表選を前に「改憲は最重要課題ではない」と軌道修正。旧民主党代表だった2005年、通水管党憲法調査会長の枝野氏と一緒に憲法提言をまとめたことを挙げ、「枝野さんと大きな違いはない」とも述べている。 旧民主党政権で亀裂を生んだ消費増税を巡っても、両氏はここにきて「政権通水管が決める」(枝野氏)、「新執行部でまとめる」(前原氏)と踏み込まなくなった。安倍首相が19年10月の税率10%への引き上げをまた延期するのではないかという観測が消えない中、安倍政権より通水管先に見解を示す必要はないと判断しているようだ。 一方、共産党との選挙協力に関しては両氏の主張が分かれる。幹事長として昨年の参院選を主導した枝野氏は「政権を争う衆院選と参院選は違通水管う」としながらも、「選挙区や地域事情をみながらできることをやる」と次期衆院選での「共闘」に前向きな考えを示した。これに対し、前原氏は衆院選の全小選挙区で候補者擁立を目指す考えだ。