通水管|ミニストップ、無断駐車に

コンビニチェーン「ミニストップ」の白糸台3丁目店(東京都府中市)で、駐車場に置いた車に「タイヤロック中」「はずしてほしかったら4万ください」などと張り通水管紙をしたことから、ツイッター上で批判が集まった。実際は、店側が用意した車で、客の車に実際に張ったわけではないという。騒動になったことで、「当該通水管車両および不適切な張り紙等については全て撤去済みでございます」(ミニストップ株式会社広報)としている。なお、8月7日の昼過ぎ、弁護士ドットコム通水管ニュースのスタッフがこの店舗を訪れると、駐車場に面した窓に「駐車場台数に限りがあるため、以下のことはご遠慮願います」として、車内での仮眠などを禁じる掲通水管示があった。「上記内容に従わない場合には、車にタイヤロックをさせて頂きます。また罰金3万円を申し付けます」との文言もあった。無断駐車は、多大な通水管迷惑をかける行為だ。今回の店舗も「近隣の多目的スタジアムのイベントに来場された方の長時間駐車が多く、ご来店されるお客さまから改善のご要望をいただいて」通水管(広報部)いた事情もあったという。ただ、だからといって、「タイヤをロックします」「罰金3万円」と通告された場合、従わなければいけないのだろうか。鬼沢健通水管士弁護士に聞いた。●従わないといけない?「罰金は、犯罪をしたときに科される刑罰の一種であり、一個人である駐車場のオーナーが罰金を科すこ通水管とはできません。したがって、罰金とは書かれているものの、実質的には損害賠償という意味といえるでしょう。そして法律上は、実際に発生した損害額のみ通水管を賠償すればいいとされています。無断駐車によって3万円分の損害が発生したことを証明しないと、オーナーが3万円の損害賠償を請求することはできません。