通水管|ゼリア新薬の22歳男性「ある種異様な」

製薬会社・ゼリア新薬工業に勤めていた男性Aさん(当時22歳)が、新入社員研修で「過去のいじめ体験」を告白させられ「吃音」を指摘された直後の2通水管013年5月に自死し、「業務上の死亡だった」として2015年に労災認定を受けた。【BuzzFeed Japan / 渡辺一樹】Aさんの通水管親は8月8日、ゼリア新薬と研修を請け負った会社、その講師を相手どって、安全配慮義務違反や不法行為に基づく損害賠償、約1億円を求める訴訟を東京地通水管裁に起こした。千葉県在住の父親(59歳)と代理人の玉木一成弁護士が厚生労働省で記者会見し、明らかにした。原告側によると、Aさんが亡くな通水管までの経緯は次のようなものだ。Aさんは早稲田大学を2013年3月に卒業後、4月からゼリア新薬工業で働き始めた。新入社員研修は4月1日か通水管始まり、8月9日まで続くはずだった。この間、Aさんは会社の指定した宿泊施設に缶詰状態だったが、5月18日に異常行動があったとして帰宅を通水管命じられた。そして、その途中、東京都新宿区内で自死した。何が起きていたのか。中央労基署の認定によると、労基署が注目したのは、4月1通水管日~12日の3日間、ビジネスグランドワークス社が請け負って実施した「意識行動改革研修」。その中で、Aさんの「吃音」や「過去のいじめ」が話題にな通水管った。講師から過去の悩みを吐露するよう強く求められた上で、Aさんはこうした話をさせられていたという。Aさんは、研修報告書に、次のように通水管き残していた。「吃音ばかりか、昔にいじめを受けていたことまで悟られていたことを知った時のショックはうまく言葉に表すことができません」