通水管|北朝鮮と米国との間の緊張、心配すべきか?

米トランプ大統領は、北朝鮮からの脅威に対し「世界が見たこともない炎と激怒で対抗する」と公言した。一方北朝鮮は、米領グアムに向けてミサイルを発射すると脅通水管している。グアムには16万3000人が暮らしている。一連の出来事は、北朝鮮政府がついに核弾頭の小型化に成功した可能性があるとの報道を受けたもの。核弾頭通水管、米国やそのアジア同盟国が長い間懸念していた大陸間ミサイルに搭載できる可能性がある。軍事衝突の前兆だろうか? 専門家は、パニックすべきではない通水管と話しているーーまだ今のところは。以下がその理由だ。1. 戦争したい人など誰もいない心に留めておくべき最も重要なポイントの一つだ。朝鮮半島での通水管争は、誰の得にもならない。北朝鮮政府が主に目指しているのは、生き延びることだ。米国との戦争は、その目標を深刻な危険にさらすだろう。BBCのジョナサン・通水管マーカス防衛担当特派員は、現在の状況下で北朝鮮が米国やその同盟国を攻撃した場合、すぐにより広範な戦争に陥る可能性があると指摘する。金正恩政権は自暴自棄なわけで通水管ない、ということを前提とするべきだろう。実のところ、北朝鮮が核武装国になろうとこれまで懸命に努力してきたのは、そのためだ。核があれば、北朝鮮によると、通水管政権を倒す代償がより高くつくため、核が政権を保護してくれる。金正恩氏はリビアのムアンマル・カダフィやイラクのサダム・フセインのようになりたくはないのだ。通水管韓国・ソウルにある国民大学校のアンドレイ・ランコフ教授は英紙ガーディアンに対し、「衝突の可能性は非常に低い」が、現時点で北朝鮮はそれと同じくらい「外交交渉に興通水管味がない」と話した。「北朝鮮はまずシカゴを地図から消し去る能力を得たいと考えており、外交的解決に関心を持つのはその後だろう」とランコフ教授は話した。