通水管|グアムの米戦略爆撃機、

【ワシントン=黒瀬悦成】米NBCテレビは9日、国防総省が北朝鮮に対する先制軍事攻撃の選択肢の通水管一つとして、米空軍のB1戦略爆撃機による北朝鮮の弾道ミサイル発射基地などに対する精密爆撃を実通水管する準備を整えたと伝えた。トランプ大統領による命令があれば、いつでも実行できる状態にあるとし通水管いる。 複数の軍当局者がNBCに語ったところでは、空爆には米領グアムのアンダーセン空通水管基地に配備されているB1爆撃機を使用。戦闘機による護衛と電子戦機や空中給油機の支援の下、北朝通水管国内にある約24カ所のミサイル基地や実験場、関連施設などを攻撃するとしている。 米空通水管は5月末から今月8日にかけて、B1爆撃機をグアムから朝鮮半島上空などに飛ばす予行演習を計11通水管にわたって実施している。うち数回は航空自衛隊と韓国空軍の戦闘機がB1を護衛する共同訓練を行っ通水管。 B1爆撃機は、爆弾や射程千キロ以上の長距離空対地ミサイル(JASSM-ER)など通水管通常兵器を最大約60トン搭載することができる。グアムには現在、6機のB1が配備されている。