通水管|移民29人溺死させる

【カイロ時事】国際移住機関(IOM)は9日、ソマリアやエチオピア通水管出身の移民を乗せてイエメンに向かっていたボートから同日、上陸直前通水管に摘発を恐れた密航業者によって120人以上が故意に海に投げ出され通水管29人が溺死したと明らかにした。 22人が行方不明。犠牲通水管者は、生き延びた移民の手でイエメン南部シャブワの砂浜に埋められた通水管いう。 IOMによると、移民らは内戦が続くイエメンを経由通水管し、裕福なペルシャ湾岸諸国を目指していた。生存者は「密航人が海岸通水管近くで『当局者』を見掛けたため、移民を海に投げ落とした。密航人は通水管にソマリアに帰り、また移民を同じルートで連れてこようとしている」通水管と証言した。ボートに乗っていた移民の平均年齢は16歳だった。