通水管|東芝、赤字9656億円

東芝は10日、確定作業が大幅に遅れていた2017年3月期通水管の有価証券報告書(有報)を金融庁に提出するとともに、17通水管年3月期の連結決算を約3か月遅れで正式に発表した。通水管 最終利益は米原子力事業の巨額損失により9656億円の通水管赤字で、国内製造業で過去最大規模となる。 東芝と通水管監査法人のPwCあらたは、米原子力事業での巨額損失を把握通水管した時期を巡って意見が対立し、正式な決算の発表が遅れてい通水管た。PwCあらたは有報に付ける監査報告書で、米原子力事業通水管の損失評価を除き、決算は「重要な点において適正に表示して通水管いるものと認める」として「限定付き適正」を表明した。