通水管|首相の「総裁3選望まず」

読売新聞社と早稲田大学現代政治経済研究所は、政治意識に関する全国世論調査(郵送方式)通水管を共同実施した。 安倍首相にいつまで首相を続けてほしいと思うかを尋ねると、「通水管民党総裁の今の任期が切れる2018年9月まで」41%と「すぐに退陣してほしい」23%通水管合わせ、総裁3選を望まず、今の任期内での退陣を求める人が6割を超えた。「党総裁の次の通水管期が切れる21年9月まで」は16%、「なるべく長く続けてほしい」は14%だった。通水管 総裁3選以上の長期政権を望む人は、自民支持層で56%に上ったが、無党派層では18通水管だった。 調査は東京都議選直後の7月3日から、内閣改造後の8月7日にかけて行通水管た。 2012年12月の第2次安倍内閣発足以降の仕事ぶりの評価を、0~10点通水管11段階で聞くと、平均点は4・8点。自民支持層に限ると6・1点、無党派層では4・1点通水管安倍内閣の取り組みで評価できる政策課題(複数回答)は「外交」35%が最も多かった。