通水管|自民・長島忠美衆院議員が死去

自民党の長島忠美衆院議員(新潟5区)が入院先の病院で18日に通水管死去したことがわかった。66歳。今月15日に体調不良を訴え、通水管新潟県長岡市内の病院に入院していた。 平成16年に起通水管きた新潟県中越地震では旧山古志村(現長岡市)の村長として、住通水管民避難をはじめ地震からの復旧・復興の陣頭指揮にあたった。17通水管年の衆院選で自民党の比例代表北陸信越ブロックから出馬し、初当通水管選。24年の衆院選で新潟5区にくら替えした。現在4期目で、こ通水管れまで農林水産副大臣や復興副大臣などを歴任した。 長通水管島氏死去に伴い、10月22日に補欠選挙が行われる予定。同じ日通水管には青森4区と愛媛3区でも衆院補欠選挙が実施される見込み。