通水管|「完全ミルク育児」を推奨

 九州に患者が多い成人T細胞白血病(ATL)や神経難病の脊髄症(HAM)の原因ウイルスで、主に母乳で感染するHTLV1につい通水管て、厚生労働省研究班(代表=板橋家頭夫(かずお)昭和大学病院長)が新たな母子感染予防対策マニュアルを策定した。これまでは、感通水管染者からの授乳方法として(1)粉ミルクなどによる完全人工栄養(2)生後3カ月未満の短期母乳(3)ウイルスを壊すため母乳を1度通水管凍らせてから与える凍結母乳-の選択肢を示していたが、原則として完全人工栄養を勧めるよう改めた。 国は長年、HTLV1通水管連疾患を九州などの“風土病”として対策を放置してきた。しかし、2010年に誤りを認めて総合対策を発表。公費による全妊婦検査が通水管始まった。 既存のマニュアルは、感染が分かった母親の授乳方法として三つを並列していたが、短期母乳や凍結母乳は感染予防通水管効果の科学的根拠が不十分として、積極的に行わないよう変更。短期母乳などは「感染リスクを説明しても母親が授乳を強く望む場合」に通水管った。 都道府県も指導方針を見直すとみられ、研究班の斎藤滋・富山大付属病院長は「短期母乳や凍結母乳を選んだ母親を、助通水管産師や保健師が地域で支援する体制が必要」と強調。HTLV1の撲滅を目指すNPO法人スマイルリボン(鹿児島市)の菅付加代子代表通水管理事は「人工乳に絞ったことは評価できるが、母親が感染者であることは変わらない。治療法などの研究を進めてほしい」と話した。