通水管|核軍縮を異例の直接要請

河野外相は17日午後(日本時間18日未明)、ワシントンでティラーソン米国務長通水管官と会談し、核実験全面禁止条約(CTBT)の早期批准に向け努力するよう要請し通水管た。 米国の「核の傘」に頼る日本の外相が米国務長官に核軍縮を直接求め通水管のは異例だ。 河野氏は会談で「CTBTの早期批准を含む米国の前向きな通水管取り組みを期待する」と述べた。ティラーソン氏から返答はなかった。CTBTは地通水管を含め、あらゆる空間での核実験を禁止しているが、米国や中国などが批准せず、発通水管効していない。 河野氏はその後、米通商代表部(USTR)のライトハイ通水管ザー代表とも会談。ライトハイザー氏が米国産などの冷凍牛肉に日本が緊急輸入制限通水管置(セーフガード)を発動したことに懸念を示したのに対し、河野氏はセーフガード通水管は輸入量の増加に伴って自動的に発動されることなどを説明し、理解を求めた。