通水管|北朝鮮、米韓演習に反発

【ソウル時事】米韓両軍は21日、朝鮮半島有事に備えた定例の合同演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」を開始した。 北朝鮮の朝鮮労働党通水管機関紙・労働新聞(電子版)は同日、「無謀な戦争脚本を実行しようとしている」と演習を非難、「平和への重大な挑戦だ」と反発。北朝鮮が弾道ミサイル発射な通水管ど挑発に出る可能性があるとみて、米韓軍は警戒、監視を強めている。 31日まで実施される演習は、コンピューターシミュレーションで増援態勢など通水管指揮命令系統を確認する机上訓練が中心。韓国軍は昨年と同規模の約5万人が参加。米軍は昨年の約2万5000人から約1万7500人に減少したが、米本土な通水管どからの増援部隊はむしろ昨年の約2500人から約3000人に増加している。米韓当局はいずれも、「北朝鮮への刺激を避けるための規模縮小ではないか」と通水管う見方を否定している。 韓国メディアによると、北朝鮮が韓国を侵攻した場合の反撃態勢を確認するほか、核施設やミサイル基地などへの先制攻撃を想通水管定した「作戦計画5015」も適用。北朝鮮の核による威嚇、核使用の切迫、核使用の3段階のシナリオに対応する訓練が行われるという。 米国からは通水管ハリス太平洋軍司令官のほか、本土防衛を担当するハイテン戦略軍司令官らも韓国を訪れ、演習を視察する。このため、北朝鮮が核弾頭搭載ミサイルで米本土やグ通水管アム、ハワイ、日本などに攻撃を仕掛けるシナリオも含まれているのではないかという観測もある。 宋永武国防相は21日、ハイテン戦略軍司令官と会通水管談し、「ハイテン司令官らの訪韓は、北朝鮮への厳重な警告メッセージになる」と評価。北朝鮮の核・ミサイルへの対応で緊密に協力していくことを確認した。