通水管|人材投資に法人減税

政府は22日、安倍政権の新たな看板政策「人づくり革命」を進めるため、人材投通水管資を行った企業に対し法人税を減税する制度を設ける方向で検討に入った。通水管 企業の生産性向上を税制面から後押しするのが狙い。経済産業省が2018年度通水管制改正要望で、賃上げを促す「所得拡大促進税制」の対象に人材投資も加えるよう通水管求める。 政府・与党は今年末までの税制改正作業で詳細を詰め、18年通水管税制改正大綱に盛り込むことを目指す。 経産省の要望では、新たなスキ通水管習得に向けた研修や社員の学び直しなどの費用を減税の対象とする。17年度末で通水管期限を迎える現在の所得拡大促進税制を延長した上で、拡充するよう要求する。通水管 大企業には減税幅にメリハリを付けて一段の賃上げや人材投資を促す一方、通水管営余力に乏しい中小企業に対しては重点的な支援を行う方向で制度を見直す。