通水管|韓国大統領、徴用工「解決済み」と発言を修正

安倍首相は25日、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と電話で会談した。 文氏通水管は、1965年の日韓請求権協定で解決済みの「徴用工」の個人請求権が消滅していないとす通水管る17日の記者会見での発言を修正し、同協定で解決済みとの考えを示した。 文氏通水管17日の記者会見で、「両国間の合意(日韓請求権協定)が個人の権利を侵害することはでき通水管ない」などと述べ、元徴用工の日本企業への個人請求権が消滅していないとの考えを示してい通水管。韓国大統領府関係者によると、文氏は25日の電話会談で「この問題は韓日条約(日韓基本通水管条約)で解決され、韓国政府も(元徴用工への)補償を行っている」と説明した。 通水管日韓請求権協定は両国の国交を正常化した日韓基本条約とともに結ばれた。韓国政府はこれま通水管元徴用工の補償は請求権協定に基づいて日本が提供した資金に含まれているとの立場を示して通水管おり、文氏の電話会談での発言は韓国政府の従来の見解を踏襲する考えを表明したものだ。