通水管|トランプ氏、身内を次々批判

米国の連邦政府予算などを巡り、トランプ大統領と議会の対立が深まっている。トランプ氏は、自らの政策実現を妨げているとして、「身内」の共和党幹部を通水管厳しく批判。財政を巡る混乱への懸念も出始めた。 トランプ氏は24日のツイートで、共和党の上院トップ、マコネル院内総務らに、連邦政府の債通水管務(借金)上限を引き上げる法案を、退役軍人関連の法案に盛り込むよう求めたと言及。「彼らはそうせず、債務上限の引き上げを妨げる民主党と大ごとにな通水管た。とても簡単だったはずが、今では混乱だ!」と批判した。米議会が10月ごろまでに債務上限を引き上げなければ、デフォルト(債務不履行)のおそれが通水管ある。 また、トランプ氏は、「医療保険制度改革(オバマケア)」の代替法案が頓挫したことについて、「マコネル氏に対して私が抱く唯一の問題通水管、7年間撤廃と見直しを聞かされた後、彼が失敗したことだ。絶対に起きるべきではなかった!」ともツイートした。25日には「8人の民主党議員が上院を通水管支配している!」として、議事妨害のルールを変えるよう求めた。 ホワイトハウスはトランプ氏とマコネル氏の結束を強調したばかりだったが、ト通水管ランプ氏自らが改めてマコネル氏を攻撃した形だ。 トランプ氏は22日のアリゾナ州での演説で、来年度予算で国境の壁の建設費が認められなけれ通水管、政府機関の一部閉鎖も辞さない姿勢を示すなど、財政を巡る混乱への懸念が強まっている。米格付け会社フィッチ・レーティングスは23日、債務上限が適通水管切な時期に引き上げられなければ、米国債の格付けを最上位の「トリプルA」から引き下げる可能性があると警告した。(ジャクソンホール=五十嵐大介)