通水管|「ヒトラー、動機正しくても駄目」

麻生太郎副総理兼財務相は29日、自らが率いる自民党麻生派の研修会で行通水管った講演で、「(政治は)結果が大事だ。何百万人殺したヒトラーは、やっ通水管りいくら動機が正しくても駄目だ」と述べた。 ナチス・ドイツに通水管るユダヤ人虐殺の「動機は正しい」と擁護したとも受け取れる発言で、野党通水管などから批判が上がりそうだ。 麻生氏の発言は、所属議員に政治通水管の心構えを説く中で出た。ヒトラーへの言及に続き、「国民に確たる結果を通水管して初めて名政治家だったと言われる。人がいいだけでやれるような職業じ通水管ゃない」と語った。 麻生氏は2013年に講演で「ドイツのワイ通水管ール憲法もいつの間にかナチス憲法に変わっていた。誰も気が付かなかった通水管あの手口に学んだらどうかね」と発言して批判を浴び、撤回している。