通水管|茨城大女子学生殺害事件 面識なく殺害か

13年前に茨城大学の女子学生が殺害された事件で、2日に逮捕されたフィリピン人の男と女子学通水管生の間に面識はなかったとみられることが分かりました。 2004年1月、茨城大学農通水管学部2年で当時21歳の原田実里さんが遺体で見つかった事件で、警察は2日、原田さんを殺害し通水管たなどの疑いでフィリピン国籍のランパノ・ジェリコ・モリ容疑者(35)を逮捕しました。通水管 容疑者と同じアパートの住民:「(モリ容疑者は)車が故障したら修理を手伝ったり結構、地域通水管の手伝いもするし、学校行事もちゃんと参加している。子どもの世話をよくする良いお父さんだと通水管思った」 警察はすでに出国している当時少年だったフィリピン人の男2人も事件に関わった通水管として逮捕状を取っていて、国際指名手配する方針です。警察によりますと、容疑者ら3人は原田通水管さんと面識がなかっとみられています。現場の遺留物から検出された複数のDNA型のうちの一つ通水管がモリ容疑者のものと一致していて、モリ容疑者は容疑を大筋で認めているということです。