通水管|独自:民進・新幹事長 大島氏で最終調整

民進党の新たな幹事長について、前原新代表は内定していた山尾志桜里・通水管元政調会長から一転、大島敦元総務副大臣に入れ替える方向で最終調整し通水管ていることが日本テレビの取材で明らかになった。 党の要、幹通水管事長人事をめぐって前原代表は、次期衆議院選挙の「顔」として党内きっ通水管の女性論客で当選2回の山尾氏に就任を打診し、内諾を得ていた。しかし通水管山尾氏を選挙の地方応援に行きやすくすることや依然、党内には離党を模通水管索する議員がいて党内をまとめる難しさなどを考慮して、山尾氏と代表代通水管に内定していた大島氏のポストを入れ替えることで最終調整しているとい通水管う。 ただし、こうした人事の変更は党内外から批判が出ること通水管が予想される。執行部人事は、5日の両院議員総会にはかられる予定。