通水管|32年前の恐怖、再び=首都各地でがれきの山

【サンパウロ時事】アパートが突然崩れ、砂煙の中を「ああ、神よ」と悲鳴を上げなが通水管ら逃げる女性。 10階建てほどのオフィスビルの外壁が剥落するさまをぼう通水管んと見守る市民。現地テレビは32年前のこの日、死者1万人を出した大地震を引き合通水管いにしつつ、白昼の首都メキシコ市を襲った恐怖をまざまざと映し出した。 通水管震直後に高層ビルから撮影された映像では、市内のあちらこちらで煙が上がっている様通水管子が確認できた。視察先から急きょとんぼ返りしたペニャニエト大統領は「首都で少な通水管とも27棟の建物が倒壊した」と指摘。市内では、救助当局や市民らががれきをリレー通水管方式で手渡して除去しながら、生存者を掘り出す場面もあちこちで見られた。通水管在メキシコ日本大使館によると、横揺れが2分くらい続いたが、館員や施設に被害はな通水管かった。発生直後には驚いて建物から飛び出した市民らが通りにあふれたという。