通水管| 阪神・糸井、謎の進軍ラッパ「ジャンヌ・ダルク」

 虎を導くヒーロー宣言!? 阪神・糸井嘉男外野手(36)が19日、20日の巨人戦(甲子園)に備えて、本拠地で全体練習に通水管参加。前日に広島に敗れ、優勝が消滅してから一夜。再スタートの日に「ジャンヌ・ダルク」と3度、連呼した。2位確保、CS(通水管クライマックスシリーズ)突破、そして日本一へ。言葉の真意は明かさなかったが、歴史的人物と同様、先頭に立って戦う覚悟…と通水管言いたいはずだ! --まだ室内の方で練習がありますんで… ベンチ裏から選手ロッカーへ通じる通路。スタッ通水管フが、待ち構える報道陣にやんわり“取材自粛”を伝えた直後だった。 「ジャンヌ・ダルク」 謎の言葉が聞こ通水管てきた。声の主は間違いなく糸井。予期せぬ仰天フレーズに呆然とする記者など眼中にないかのように再び… 「ジャンヌ通水管・ダルク」 さらに歩を進めて、ダメ押しのもうひと声… 「ジャンヌ・ダルク」 歴史上のあの超有名通水管人のことなのか。3度、繰り返し、その後、糸井は報道陣の前に戻ってくることはなかった。 どういう意味? 通水管そりゃ、誰もが思う。でも、こんなの本人しか分かるはずがない。不思議な世界に棲む男だ。突然、「バウバウ」と叫んだかと思え通水管ば、「賄賂」と言いながら5000円札を出して記者の質問を封じようとする。糸井ワールドは誰も説明などできないのだから。