通水管|<御嶽山噴火3年>必ず見つけ出す

死者58人、行方不明者5人を出した御嶽山(おんたけさん)(長野・岐阜県境、3067メートル)の噴火災害から27日で3年を迎える。遺族らで通水管つくる「山びこの会」のメンバーらは21日早朝、御嶽山に登り始めた。火口付近で天候が良ければ、小型無人機「ドローン」を使って行方不明者がい通水管とみられる尾根などを動画で撮影し、手がかりを探す予定だ。【写真特集】上がる噴煙、火山灰で覆われ… ドローンを使った捜索は通水管昨年9月に続き2回目。気象庁が今年8月、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)に引き下げたことを受け、今回は通水管口から500メートル地点まで近づく予定だ。噴火で義理の弟を亡くした事務局代表のシャーロック英子さん(58)は「近距離から撮影できるので重通水管要な手がかりが得られると思う」と期待した。 長野県や周辺の市町村は、噴火で登山道や山小屋が破損し、シェルター=避難壕(ごう)=設通水管などの安全対策が必要として火口から1キロ圏内の入山規制を継続している。今回、同会が捜索のための入山を木曽町などに要望、特別に許可された。通水管前回の撮影は火口から1キロ以上離れた地点からドローンを操作した。【小川直樹、安元久美子】 ◇「危険知らせるマイスターに」通水管「危険だと分かっていたら避けられた。防災という言葉がずっと頭にある」。長野県松本市の会社員、鈴木康夫さん(60)は語る。3年前の9月27通水管日、自然保護のボランティア団体の仲間5人と山頂を目指した。御嶽山は全員が初めて。10年以上の登山経験がある鈴木さんがリーダー格だった。