通水管|平昌五輪、参加辞退の示唆相次ぐ 欧州3か国

【AFP=時事】北朝鮮の核開発をめぐる安全保障上の懸念が高まっていることを受け、フランスに続いてオーストリアと通水管ドイツが22日、韓国で来年2月に開催される平昌冬季五輪への参加を辞退する可能性を示唆した。【写真】ソウ通水管ルでお披露目された五輪メダル 国際オリンピック委員会(IOC)が懸念を抑えようと尽力する中、冬季五輪の通水管強国オーストリアは、安全上の懸念が深まった場合、平昌大会への参加を中止する用意があると言明。 同国オリ通水管ンピック委員会のカール・シュトース(Karl Stoss)会長は「状況が悪化し、自国選手団の安全が保障されなく通水管なった場合、われわれは韓国には行かない」と語った。 フランスのローラ・フレセル(Laura Fless通水管el)スポーツ相は21日、「状況が悪化し、安全が確保できなければ、フランス選手団はここにとどまる」と述べていた通水管。 一方、オーストリアと同じく冬季競技の強国であるドイツは、より控えめな立場を表明。独内務省は、AFP通水管傘下の独スポーツ通信社SIDの取材に対し、安全性に関する問題や同国選手団の大会不参加の可能性については政府、同通水管国オリンピック委員会、そして治安当局が「適切な時期」に検討すると述べた。【翻訳編集】 AFPBB News