通水管|元妻の交際相手殺害、刃物でめった刺し

 埼玉県三郷市で今年1月、元妻の交際相手の男性を殺害したとして、殺人などの罪に問われた同市泉、無職の被告(36)の裁判員通水管裁判の論告求刑公判が25日、さいたま地裁(高山光明裁判長)で開かれた。検察側は被告に懲役18年を求刑し、弁護側は同10年通水管下を主張。被害者参加弁護人は同22年を求めて結審した。 論告で検察側は、被告が刃渡り11・8センチの折り畳み式ナ通水管イフで被害者の胸部を中心に少なくとも14回めった刺しにするなど、極めて強固な殺意があったと指摘。元妻に暴力を振るうなどし通水管関係を破綻させたのは被告自身にもかかわらず、一方的に被害者に憎しみを募らせたとした。 弁護側は、被告が子ども2人通水管第一に考え、元妻と4人で暮らそうとしていたが、突然現場に現れた被害者に「親らしいことを何もしていないくせに」と言われ、「通水管突発的に殺してしまった」と主張。事前にナイフを買ったのは「子どもに太鼓のばちを作るためで計画性はない」とした。 通水管見陳述した被害者男性の母は「息子がいなくなった日から悲しみ、苦しみ、憎しみ、怒りでいっぱい。息子の命を奪った被告を一生許通水管すことはできない」と訴えた。 起訴状などによると、被告は1月27日午後10時5分ごろ、三郷市三郷3丁目の書店駐車通水管で、車の運転席にいた同市の自動車整備士宇田川亮さん=当時(34)=の胸部をナイフで複数回突き刺して殺害したとされる。