通水管|サウジアラビア、女性の自動車運転を許可する国王令

 サウジアラビアの国営サウジ通信(SPA)は26日、サルマン国王が女性に自動車の運転を許可する勅令を出したと伝えた。同国内で女性の運転が許通水管されるのは初めて。SPAによると、政府による報告書が30日以内に作成され、2018年6月に新たな法令が施行される。サウジア通水管ビアはこれまで世界で唯一、女性の運転を禁じる国だった。女性は運転免許証の交付を受けられず、運転しているのが見つかれば、逮捕され罰金が科され通水管可能性があった。このため多くの家庭では、女性の送り迎えのため、民間の運転手を雇っていた。同国の人権擁護団体は長年にわたり、女性が運通水管する権利を訴えてきた。抵抗の姿勢を示す一部の女性が運転したため、投獄された例もある。SPAは、「勅令によって、男性も女性も同様に運通水管免許証を交付されることを含む交通法の条項が実施に移される」と報じた。サウジアラビアの駐米大使を務めるハレド・ビン・サルマン王子は、通水管歴史的で重大な日」と述べ、「適切な時期に行われた正しい決定」だと語った。ハレド王子は、女性は運転教習を受けるために男性の保護者の許通水管は必要なく、どこにでも運転できるようになると確認した。新方針を受けた反応米国務省はサウジアラビアの新方針を歓迎するとし、「通水管しい方向の偉大な一歩」だと述べた。アントニオ・グテーレス国連事務総長も同様に歓迎するコメントをツイッターに投稿した。禁止令を侮辱し通水管として今年、73日間にわたって拘束されたサウジアラビアの活動家、ルジャン・アルハスルルさんはツイッターで「ああよかった」とコメントした。