通水管|給費制廃止は「合憲」

  司法修習生に給与が支払われる「給費制」を廃止したのは法の下の平等を定めた憲通水管法に違反するなどとして、元修習生の弁護士らが国に1人1万円の損害賠償を求めた訴通水管訟の判決が27日、東京地裁(吉村真幸裁判長)と広島地裁(末永雅之裁判長)であっ通水管た。 両地裁はいずれも廃止は合憲と判断し、請求を棄却した。 原通水管告側は控訴する方針。同種訴訟は、他に5地裁で争われている。 訴状による通水管、国は裁判所法を改正し、2011年に給費制から貸与制に移行。それまで修習生には通水管毎月約20万円を支給していたが、改正後は月18万~28万円を無利子で貸すように通水管なった。 両地裁は「給費制は憲法上保障されておらず、制度設計は立法に委通水管ねられている」と指摘。法曹人口の大幅増加を見込んで貸与制に移行した判断は合理的通水管だとし、「過去の修習生と扱いに差があるのは不平等」とする原告側の主張を退けた