通水管|民進党・前原代表、「無所属で立候補」明言

民進党の前原代表はTBSテレビの報道番組「NEWS23」に出演し、来月の衆議院選挙に無所属で立候補する考えを明らかにしました。 「通水管私は無所属で出ることを決めました。無所属で出ます。その後、今の民進党の参議院の方々、自治体議員の方々、地域の党員サポーターの方々、これをど通水管う一緒にまたやれるようにするかという仕事がありますので、代表としての仕事はしっかり選挙後も全うしたいと思う」(民進党 前原誠司代表)通水管 民進党の前原代表はこのように述べ、来月の衆議院選挙には無所属で立候補し、選挙後も民進党代表としての仕事を全うする考えを示しました。通水管 また、自民党が、民進党と希望の党の事実上の合流を「野合だ」と批判していることについて、「脅威に感じているから」だとけん制しました。通水管 「“野合だ”ということ自体がやっぱり脅威に感じているんでしょうね。こういう展開になるとは思っていなかったと脅威に感じていることは間違いな通水管い。敵前逃亡で逃げた解散をしているところは、我々しっかり訴えていき、堂々とこれは政権交代の選挙だから我々はどういう社会をつくるかということ通水管も、批判だけではなく、大部分堂々と訴えていきたいと思う」(民進党 前原誠司代表) 一方、安倍総理は28日夕方、連立政権を組む公明党通水管の山口代表とともに街頭演説に立ち、政権担当能力があるのは自分たちだと訴えました。 「ブームからは決して希望は生まれないんです。日本を守通水管り抜くことができるのは、日本の未来を子どもたちの未来を切り開くことができるのは、私たち自民党・公明党連立政権であります」(安倍晋三首相)