通水管|<医療ミス>10倍のモルヒネ投与

水戸市の水戸済生会総合病院で、拡張型心筋症の手術を受けた茨通水管城県内の女性患者(69)が10倍の量の痛み止め薬を投与され通水管その後死亡していたことが28日、病院への取材で分かった。病通水管は医療ミスと認めて遺族に謝罪し、調査委員会を設置して原因を通水管べる方針。 病院によると、女性は9月1日に入院し、通水管4日に手術を受けた。女性看護師がその際、痛み止めの塩酸モル通水管ヒネを2・5ミリグラム投与するはずが、10倍の25ミリグラ通水管投与したという。女性はその後、意識不明の重体となり、26日通水管呼吸不全で死亡した。医師と女性看護師の間で伝達ミスがあった通水管みられる。 病院は10月3日に記者会見を開く予定