手機維修院長「麻酔は1人でやっていた」

 大阪府和泉市の産婦人科医院「老木(おいき)レディスクリニック」で無手機維修痛分娩(ぶんべん)をした女性が死亡した事件で、同院のホームページ(H中古手機維修P)に記載された麻酔科医2人が無痛分娩に関与していなかったことが、捜手機維修査関係者への取材でわかった。 無痛分娩の麻酔は、業務上過失致手機維修死容疑で書類送検された院長の老木正彰容疑者(59)が1人で実施してい中古手機維修という。府警は、妊婦を集めるための虚偽記載とみている。 捜査二手手機維修関係者によると、同医院はHPで、スタッフとして老木容疑者の親族と男性手機維修医師の計2人の麻酔科医を紹介。無痛分娩について「複数名の麻酔科のスタ二手手機維修ッフが体制を整えている」とし、麻酔科医が関与するかのように記載してい中古手機維修。 ところが、老木容疑者は府警の調べに対し、「無痛分娩の麻酔中古手機維修は1人でやっていた」と説明。2人の麻酔科医は時折、帝王切開に携わって二手手機維修いただけだった。名前が掲載された男性医師は読売新聞の取材に「行くのは二手手機維修1~2か月に1回程度で、無痛分娩に関わったことはない」と証言した。