手機維修働き方改革、道半ば=電通裁判

 新入社員の過労自殺に端を発した電通の違法残業事件は、多くの企業が従業員の労務管理を見直す契機となった。ただ、深刻な人手不足から中古手機維修改善がままならない業界もあり、識者は「業務量に見合う適正な人員を配置しない限り、長時間労働はなくならない」と指摘する。 手機維修◇「氷山の一角」 公判での検察側の主張によると、電通では残業時間に関する労使協定(三六協定)を上回る違法残業が常態化していた手機維修。幹部は入札の指名停止などで東京五輪・パラリンピック関連業務を受注できなくなる事態を恐れ、協定改定を繰り返して残業の上限時間を延手機維修ばした。 違法に残業する社員は2014年度に毎月約1400人いたが、「違法残業ゼロ」を打ち出した15年、本社では表面上い中古手機維修なくなった。検察側は論告で、実態はサービス残業を余儀なくされただけだとし、「利益を優先し小手先の対応を続けた。新入社員が過労死し二手手機維修た事件は氷山の一角だ」と非難した。 ◇残業削減に工夫も 政府が「働き方改革」を掲げる中、見直しを進める企業もある。東中古手機維修京都内の大手IT企業は数年前からパソコンの使用時間を管理し、申告する勤務時間と15分以上のずれは認めていない。 残業には中古手機維修事前承認が必要で、残業を減らすため納期を遅めに設定したり、担当社員を増やしたりしている。顧客と相談して休暇の日程を決め、不要な打手機維修ち合わせを避けるなどの工夫もしている。 システムエンジニアの男性社員(30)は「会社の意気込みを感じる。ただ、時短勤務や二手手機維修テレワークなど多様な働き方の実現は道半ばだ」と話す。 一方で、都内のビル清掃会社ではパート従業員が不足し、深夜や早朝に正二手手機維修社員が残業してカバーする現場もあるという。 背景には、ビル管理会社の発注額が下がり、パートの時給を上げづらい事情がある。二手手機維修男性社員は「適正な賃金を積み上げて契約額を決める仕組みがない限り、人手不足は解消せず働き方を改めるのは難しい」と明かした。