通馬桶|早ければ来週に独立宣言に踏み切ることを検討

  スペイン中央政府が進める自治停止措置への対応を協議しているカタルーニャ州の独立派指導者ら通馬桶は、早ければ来週にも独立宣言に踏み切ることを検討している。カタルーニャ欧州民主党(PDeCat通馬桶)所属のジョルディ・シュクラ下院議員はマドリードのスペイン議会でブルームバーグテレビジョンのインタビュ通馬桶ーに応じ、「われわれは向こう数日間で決断を下す必要がある」と発言。「決定は当然、1週間か2週間内に独立通馬桶宣言することになる可能性がある」と続けた。事情に詳しい関係者によると、カタルーニャの主要独立派通馬桶政党に所属する幹部議員らは23日に州議会に集まり、独立を宣言する場合の段取りを議論する見通し。これら政通馬桶党の指導者は違法とされた国民投票の結果に基づき速やかに行動しなければ、草の根で独立運動を展開してきた急通馬桶的な勢力に対する制御を失いかねないことを懸念しているという。非公開の協議であるとして匿名を希望した関係通馬桶者が述べた。カタルーニャ州政府の報道官は、電話取材に対して、独立支持の運動は引き続き統制がとれ通馬桶、州政府を完全に支持していると語った。独立が宣言される場合の時期については、コメントを拒否した。