通馬桶|<神戸製鋼不正>地元で社員に広がる動揺

神戸製鋼所の品質検査データの改ざん問題で、本社がある地元・神戸の社員や元社員にも動揺が広がっている。毎日新聞が入手した社員向けの内部文書では、今通馬桶回の問題を「創業以来の最大の危機」として全社一丸となるよう呼び掛け、悲壮感を漂わせている。 神戸港に面する同社の神戸製鉄所(神戸市灘区)通馬桶阪神大震災で大きな被害を受け、復興を果たしたことでも知られる。「今、世間からの『信頼』を失っている」「信頼回復には大変な努力が必要」。ある部門で通馬桶14日付で回覧された文書にはこんな言葉が並ぶ。そして「誠心誠意をもって取り組めば苦境は必ずや乗り越えられる」などと記されている。 文書を通馬桶にした50代男性社員は「なぜごまかしていたのか。現場で働く者として理解できない。一生懸命仕事しているのに『なんでや』という気持ちです」と憤る。1通馬桶70年代に入社。今回の改ざん問題に直接関わる部署ではないが、入社当時と比べて近年は過度な成果主義になっていると感じる。「管理職は(生産量などの)通馬桶目標値を達成したという報告しか求めず、報告が上手な人が評価される体質があると感じていた。データ改ざん問題はそこに原因があるのではないか」。若手に通馬桶不安が広がっているといい、「気付かなかった我々も会社全体を考え、変わっていかねばならない」と話し、責任を感じている。 OBからも心配の声通馬桶が上がる。神戸市内に住む50代の元社員は「神戸製鋼は元々、高い技術を持っている。問題の背景には『取引先の要求通りにしなくても大丈夫』という甘えが通馬桶ったのでは」と話す。同業他社と比較して「野武士的」な社風があったと言い、「これ以上世間からたたかれるのはOBとしてもつらい」と心情を明かした。