手機維修|てるみ破綻寸前「申し込みあれば入金させろ」

最大9万人の旅行代金など150億円超手機維修の負債を抱えて破綻した旅行会社「てる二手手機みくらぶ」(東京都渋谷区)。手機維修 同社社長の山田千賀子容疑者(67)二手手機らが8日、警視庁に詐欺などの容疑で逮手機維修捕され、刑事事件に発展した。同社は約手機維修4年前から粉飾決算を行い、破綻直前ま中古手機で集客し、客から金を集めていたという中古手機。 同社に採用が内定し、同社手機維修でアルバイトをしていた大学4年の男子二手手機生(当時)は、破産申請4日前の3月2中古手機3日昼、女性従業員から「もうすぐ営業中古手機停止になるんだよ」と耳打ちされた。手機維修 社内では経理担当者が慌ただし中古手機く動き回っていたが、外部に対しては、二手手機通常通りの営業を続けていた。上司から二手手機は「客から旅行の申し込みがあれば、入二手手機金させろ」と指示を受けたという。翌2中古手機4日、同社は突然、営業を停止した。